Spot welder and Nickel tape YokodaiJP���S�X�y�[�XYokodaiJP���S�X�y�[�XYokodaiJP���S�X�y�[�X

Go to Yokodai.JP's Home Go to SpotWelder's page Go to Support page Go to Contact us Go to Other Products Go to YJP's Store

 

 

Principle of Spot Welding

Our welder's Capability

How-To-Use Our welder

Welding Stainless Steel

Thermocouple Welding

Welding with Nickel Plates

Welding with Metals
e.g. Aluminum, Steel, Phospate Bronze

Product Comparison

< PRODUCTS >

Spot Welder HSW-01A

Spot Welder HSW-02A

Spot Welder HSW-03

Optional Accessories

Recommended Packages

Nickel Plates

Price and Purchase

User's Voice

F A Q (General)

FAQ(Technical)

スポット溶接機 よくある質問 溶接技術編   「FAQ一般」へジャンプ 「FAQ溶接技法」を表示中
Q1 溶接ペンの先がニッケルタブに溶着してしまうのですが  A1 バッテリータブの溶接では、①溶接ペン → ②ニッケルタブ → ③バッテリー → ④ニッケルタブ → ⑤溶接ペン のように電流は流れます。スポット溶接は抵抗溶接なので、 電気抵抗のある場所に熱が発生します。つまり上記の場合、①②間での発熱により、ペン先が 溶着しています。この場合は、溶接ペン先端部分での発熱量を下げ、かつ溶接ペンの放熱効率が上げる 必要があります。具体的には、まず、溶接ペンの押下圧力を多少上げてみてください。次に付属のクリーナーもしくは紙やすりで溶接ペンの先端部分を若干削り、 接触面積を増やしてみてください。
Q2 バッテリーにタブを溶接したのですが、力を加えると外れてしまいます。 A2 古いバッテリーにタブを溶接する場合や、HSW-01Aで0.15mm厚のニッケルタブを溶接しようとした場合などに発生することがあります。この場合は、ニッケルタブに切り込みを入れることによって解決することができます。これは、ニッケルタブ内に流れる電流を 抑制し、バッテリー電極とタブ間の電流を増やしますので非常に効果的に働きます。市販のバッテリー でもこの方法を採用しています。バッテリタブの溶接についてのページをご覧ください。
Q3 古い電池にタブが溶接しにくいのですが A3 ①古いバッテリーの場合は、電極が酸化していますので、付属のクリーナー等で、酸化膜を除去してから溶接してみてください。
②タブの先端に切り込みを入れて溶接してみてください。<詳細
Q4 0.2mmのステンレス線を溶接すると溶断してしまします

A4 HSW-02Aでは、パルス幅調整ボリウムを反時計方向に回して、通電時間を短くしてください。さらに絞りたい場合や、HSW-01Aをご利用の場合は、HSW-PC1を付加して、電圧調整を行なってください。

Q5 電極が溶着するのですが(写真下の上) A5 ①電極を強く押さえて、押下圧力を上げてください。<詳細>②電極の極性を変えてみてください。<詳細>③溶着しにくい電極・溶接対象の金属に適した電極を使用してください(PSW-P2の利用)<詳細>
Q6 溶接時に火花が飛び、音が大きいことがあるのですが A6 ①電極の押下圧力が不足している場合 ②金属表面に油脂分が付着している場合 に、スプラッシュが飛ぶことがあります。(写真右下)溶剤もしくは付属のクリーナで、電極先端とワーク(溶接する金属)表面の油脂分を取り除いてから、少し強めに電極を当てて溶接してください。
Q7 溶接ペンの先が酸化したり摩耗してきたのですが A7 先端部を付属のクリーナーか、400番程度の紙やすりで研磨してください。先端部が大きく損傷している場合は、ヤスリで整形してください。 頻繁に溶着する場合は、PSW-P2のご利用を検討してください。
Q8 銅やアルミなどは溶接できますか

A8 銅やアルミは、電気を流しやすい性質であるため、発熱が少なく溶接は困難です。それでも、薄板(箔)や細線などは可能です。詳しくは<こちら>をご覧ください。

Q9 溶接強度を上げるために、30Vの電源を接続できますか

A9 できません。直流24V以上の電源電圧を使用することは、たとえ1VのUPであっても溶接機内部にある制御素子の破壊につながります。HSW-01A、02Aシリーズ溶接機に標準装備の電源ユニットをご使用ください。

Q10 上限13.5Vまでの可変定電圧電源を接続して使用できますか

A10 電源電圧としては、HSWシリーズの絶対最大定格内ですので使用可能です。ただし、通常の可変定電圧電源は、電圧を低下させた場合、溶接機内部の電圧を低下させる能力はありませんので、最悪の場合、定電圧電源を破損する恐れがあります。電圧を調整する場合は、HSW-PC1パワーコントローラを電源ユニットと溶接機本体の間に入れてください。

Q11 電池で溶接機を駆動できませんか

A11 1.2Vのニッカドやニッケル水素充電式電池を使用して24Vを得るためには19本の電池を直列接続しなければなりません。この場合、全セルの特性が揃っている必要がありますので、市販の電池を利用する場合、100本以上の電池からセレクトして構成するようになりますが実用的ではありません。単3型ニッケル水素電池4本で24Vを生成する電源を用意しております。<こちらをご覧ください>

Q12 溶接電極へのケーブルをもう少し長くできませんか。 A12 溶接エネルギーの損失をできるだけ抑えるために、電極へのケーブル長は必要最低限の長さに制限しています。ケーブル長を延長することは可能ですが、溶接能力が低下していきます。


Q13 溶接中に電極に触れても感電しませんか

 

A13 HSWシリーズスポット溶接機では、電極に印加される電圧は最大でも24ボルトで、これは世界各国で安全電圧と呼んでいる電圧内に収まっています。その上、通常の使用では、使用者が電圧の印加された溶接電極に触れることが無いように配慮されています。 使用電圧が最大でも安全電圧内の24ボルトで設計されているHSWシリーズスポット溶接機では、作業者の不注意から、通電された電極に触れた場合でも安全が確保されているといえます。 ただし、心臓疾患を有する方のご使用や、水に濡れた手で溶接電極を操作することは、安全電圧とはいえ生命への危険を伴う可能性がありますので、溶接時には電極に触れることがないようにご注意ください。

Q14 熱電対の溶接時に 電圧を上げると溶断し、 電圧を下げると溶接で きないことがあります。

A14 熱電対はその性質上、溶接時に”ペルチェ効果”が強く現れます。そのため、放熱側となる電極にに溶けやすい金属を位置させると溶断してしまいます。”電圧を上げると溶断し、下げると溶接不能” といった状況が出た場合は、電極の極性(+赤-青)を反対にしてみてください。 ペルチェ効果の放熱側と吸熱側が反転し、溶接しやすくなります。押下圧力も変えてみてください。 
ユーザ様からのメールと弊社のお答え

> 溶接ペンを押し当ててトリガーをおした後にニッケル板が溶接ペンに
> 溶着してしまい取り外そうとすると溶着して
> ほしい部分が先に剥がれてしまいます。
> この現象を解消するにはどのようにしたら良いのでしょうか?

バッテリータブの溶接では、①溶接ペン → ②ニッケルタブ → ③バッテリー → ④ニッケルタブ → ⑤溶接ペン のように電流は流れます。弊社Webページにもありますが、スポット溶接は抵抗溶接で、 電気抵抗のある場所に熱が発生します。つまり上記ご質問の場合、①②間での発熱により、ペン先が 溶着しています。この場合は、溶接ペン先端部分での発熱量を下げ、かつ溶接ペンの放熱効率が上げる 必要があります。具体的には、付属のクリーナーもしくは紙やすりで溶接ペンの先端部分を若干削り、 接触面積を増やしてください。また、溶接ペンの押下圧力を多少上げるのも効果があります。

 しかし、この方法を試す前に、次の2つを実行する価値があります。
  ひとつは、古いバッテリーの場合は、電極が酸化していますので、付属のクリーナー等で、酸化膜を除去して やる方法です。溶接強度もあがります。

 もう一つの方法は、ニッケルタブに切り込みを入れる方法です。これは、ニッケルタブ内に流れる電流を 抑制し、②③および③④間の電流を増やします。この方法は非常に効果的に働きます。市販のバッテリー でもこの方法が多用されています。弊社Webページをご覧ください。
http://www.yokodai.jp/spotWelderNickelPlate.html