スポット溶接機,熱電対,バッテリー・ステンレス・,ニッケルの溶接は
Yokodai.JPホームページ Yokodai.JPロゴ YokodaiJPロゴスペース

ホームページ スポット溶接機 ニッケル板ユーザサポート 会社紹介   製品の価格と注文

スポット溶接機の原理

スポット溶接機の性能

溶接機の使用法

機種別溶接能力

金属別溶接能力

ステンレスの溶接

アルミに溶接

熱電対の溶接

バッテリータブの溶接

突き合わせ溶接

 商品のご案内 

HSW-01A 溶接機

HSW-02A 溶接機

HSW-03 溶接機

溶接機周辺機器

溶接機用電極

用途別機器構成例

ニッケル板

製品価格と購入方法

利用者の声

よくある質問

溶接データベース

Al-Niクラッド材で可能になること

 

リチウム・イオン電池のアルミ外装にはんだ付け可能なタブを溶接する

 リチウムイオン電池は、アルミケースが正極になっていて組電池を製作する場合は、はんだ付けもしくはニッケル板の溶接が必要になります。 電池の性質上はんだ付けはもちろん、18650などでタブとして利用するニッケル板も溶接することが困難です。
 アルミ・ニッケル クラッド材を電池のアルミ外装に溶接しておけば、はんだ付けもニッケル板の溶接も可能になります。クラッド材はアルミ側は電池のアルミ外装側にし、ニッケル側に電極をあてて溶接します。

 アルミ外装の表側に平板電極(必要に応じてサイズ調整)をあてクランプで固定して電極には(+)極側のケーブルを接続します。アルミ外装の底部にはアルミ・ニッケルクラッド材のアルミ側が当たるように位置決めし、(−)極側ケーブルを接続した溶接スティック電極は、アルミ・ニッケルクラッド材のニッケル側に押し当てて溶接をおこないます。

 

【使用機器】
 HSW-03 溶接機
 HSW-FB2 平板電極
 PSW-P2 溶接スティック

【ワーク】
 アルミニウム外装リチウムイオンバッテリー

【クラッド材】
HSW-AN40(0.1t,4.0w)

【設定】
 17V 12mS

【結果】 ◎

   SUSメッシュをアルミ・ニッケルクラッド材のニッケル側へ溶接します。

 


アルミ・ニッケルクラッド材の利用例

リチウム・イオン電池のアルミ外装にクラッド材を溶接する

 アルミ・ニッケルクラッド材を溶接することで、ニッケル部に半田付けしてリード線を引き出すことができます。 HSW-03にて +平板電極をアルミ外装に密着し、PSW-P2 溶接スティックを−極として 17V, 12mS にて溶接 

   

アルミホイルにリード線を半田付けしシールド材に利用

 アルミ・ニッケルクラッド材をアルミホイルに溶接することで、ニッケル部に半田付けしてリード線を引き出すことができます。 詳細

   

リチウムイオン電池のアルミ箔リードを半田付け可能に

 アルミ・ニッケルクラッド材をリチウムイオン電池のアルミ箔リードに溶接することで、ニッケル部に半田付けすることができるようになります。 詳細

 


 

 

   

アルミ・ニッケルクラッド材について


価格と購入は こちら から

このページは準備中です。