スポット溶接機,熱電対,バッテリー・ステンレス・,ニッケルの溶接は
Yokodai.JPホームページ Yokodai.JPロゴ YokodaiJPロゴスペース

ホームページ スポット溶接機 ニッケル板ユーザサポート 会社紹介   製品の価格と注文

スポット溶接機の原理

スポット溶接機の性能

溶接機の使用法

機種別溶接能力

金属別溶接能力

ステンレスの溶接

アルミに溶接

熱電対の溶接

バッテリータブの溶接

突き合わせ溶接

 商品のご案内 

HSW-01A 溶接機

HSW-02A 溶接機

HSW-03 溶接機

溶接機周辺機器

溶接機用電極

用途別機器構成例

ニッケル板

製品価格と購入方法

利用者の声

よくある質問

溶接データベース

銅-ニッケル クラッド材の可能性と長所 (Ni-Cu-Ni)

 
  

Al-Niクラッド材の利用

  

Ni-Cu-Niクラッド材の利用

Ni-Cu-Ni Clad  異種の金属材料を貼り合わせ(cladding)たものをクラッド材と呼んでいます。(断面の写真)ここではNi-Cu-Ni ニッケル・銅・ニッケル クラッド材を取り上げます。Ni-Cu-Niクラッド材は、銅の特性を生かした低い電気抵抗と、スポット溶接しやすいニッケルの特性を併せ持っています。これ生かして、大容量バッテリーを接続するタブに利用されています。

 ところが、良いことばかりではありません。バッテリー電極への溶接の場合、片面から両方の溶接電極をあてて溶接しますが、 電流はクラッド材の銅の部分を流れて、バッテリーの陽極端子には溶接する事ができません。 普通のニッケル板の場合、ニッケルの電気抵抗がある程度高いために、このままでも溶接は可能なのですが、、、

 そこでニッケル・銅・ニッケル 電池の電極付近のタブに切り込みを入れて、溶接電流が銅材でバイパスされることを阻止することで溶接が可能になります。

 良いこともあります。異種金属に電流を流すと発生するペルチェ効果問題です。HSW-01A,02A,03のような直流スポット溶接機では(+)電極側と(-)電極側ではペルチェ効果のよって溶接強度の差が出てしまいます。しかし、Ni-Cu-Niクラッド材を用いることにより図のように両方の電極でペルチェ効果の吸熱と放熱がバランスしますので、2つの溶接スポットの差がほとんど無くなるのです。

   

 


切り込みを入れたクラッド材に電極をあてる

大電流用電池をNi-Cu-Niクラッド材で接続

 ニッケル・銅・ニッケルクラッド材を使用することで、大電流を取り出す用途に適した電池パックを作成することができます。電気抵抗は同厚同幅のニッケル板に比べて、三分の一になります。切り込みを入れたクラッド材に電極をあてた写真です。 

 

ニッケル・銅・ニッケルクラッド材について


このページは準備中です。