スポット溶接機,熱電対,バッテリー・ステンレス・,ニッケルの溶接は
Yokodai.JPホームページ YokodaiJPロゴスペース

ホームページ スポット溶接機 ニッケル板ユーザサポート 会社紹介   製品の価格と注文

スポット溶接機の原理

スポット溶接機の性能

溶接機の使用法

機種別溶接能力

金属別溶接能力

ステンレスの溶接

アルミに溶接

熱電対の溶接

バッテリータブの溶接

突き合わせ溶接

 商品のご案内 

HSW-01A 溶接機

HSW-02A 溶接機

HSW-03 溶接機

溶接機周辺機器

溶接機用電極

用途別機器構成例

ニッケル板

製品価格と購入方法

利用者の声

よくある質問

溶接データベース

クラッド材の可能性と長所 (Al-Ni)

 

Al-Niクラッド材の利用

Ni-Cu-Niクラッド材の利用


 異種の金属材料を貼り合わせ(cladding)たものをクラッド材と呼んでいます。ニッケル・銅・ニッケルクラッド材について扱います。Ni-Cu-Ni クラッド材の特徴はスポット溶接しにくい銅をニッケルで包んでスポット溶接しやすい状態にしている点にあります。

 アルミ同士の溶接の場合、アルミは導電性が高いためにスポット溶接の電流での発熱が少なく、溶接するには大電流を必要とします。大電流はアルミ箔を一瞬で溶解し火花となって飛び散るため精密な電極圧力や電流の調整が必要です。Al-Niクラッド材では、電極との間にニッケル材が入るためニッケル側から溶接に必要な熱が供給され、その熱によってアルミの電気抵抗も上昇し発熱も始まります。

 こためアルミ・アルミの溶接よりも、アルミ・ニッケル クラッド材を利用することで安定した溶接が可能になります。 同時に、ニッケルが溶接されることで、半田付けも可能になります。

 溶接対象のアルミ箔(図中下側)が薄い場合は、溶接電流により溶断しやすくなります。 下側の電極を熱容量の大きな物を用いて放熱を促進してやることによりこれを避けるよう配慮します。また、電流によるペルチェ効果も考慮して、溶断しやすい側で吸熱させ、熱容量の大きなワークに発熱側電極を当てるこも有効です。

  【留意点】 電極先端形状:先端Rを大きくし接触面積を大きくとる。
電圧は12V程度に抑え、通電時間を17mS あたりで大きくとる。

 


アルミ・ニッケルクラッド材の利用例

リチウムイオン電池のアルミ外装にクラッド材を溶接

 アルミ・ニッケルクラッド材を溶接することで、ニッケル部に半田付けしてリード線を引き出すことができます。 HSW-03にて +平板電極をアルミ外装に密着し、PSW-P2 溶接スティックを−極として 17V, 12mS にて溶接 

   

アルミホイルにリード線を半田付けしシールドに利用

 アルミ・ニッケルクラッド材をアルミホイルに溶接することで、ニッケル部に半田付けしてリード線を引き出すことができます。 詳細

   

リチウムイオン電池アルミ箔リードを半田付け可能に

 アルミ・ニッケルクラッド材をリチウムイオン電池のアルミ箔リードに溶接することで、ニッケル部に半田付けすることができるようになります。 詳細

 


アルミ板にステンレスメッシュを溶接する

 アルミ・ニッケルクラッド材をリチウムイオン電池のアルミ箔リードに溶接することで、ニッケル部に半田付けすることができるようになります。  詳細

   

アルミ・ニッケルクラッド材について