スポット溶接機,熱電対,バッテリー・ステンレス・,ニッケルの溶接は
Yokodai.JPホームページ Yokodai.JPロゴ YokodaiJPロゴスペース

ホームページ スポット溶接機 ニッケル板ユーザサポート 会社紹介   製品の価格と注文

スポット溶接機の原理

スポット溶接機の性能

溶接機の使用法

機種別溶接能力

金属別溶接能力

ステンレスの溶接

アルミに溶接

熱電対の溶接

バッテリータブの溶接

突き合わせ溶接

 商品のご案内 

HSW-01A 溶接機

HSW-02A 溶接機

HSW-03 溶接機

溶接機周辺機器

溶接機用電極

用途別機器構成例

ニッケル板

製品価格と購入方法

利用者の声

よくある質問

溶接データベース

スポット溶接機のステンレス溶接能力

   ↓ 最初に金属種別を選択してください   溶接事例データベース ← 各種金属の溶接実績データベース。
GoTo SUS
GoTo Ni
GoTo Fe
GoTo Al
GoTo Cu
GoTo Alloy
sus ステンレス線 SUSplate1 ステンレス板 SusMesh1 SUS金網
ステンレス線 ステンレス板 SUS金網
           
susMesh to SUS plate SUS金網 sus+Cu ステンレス板 susToBlock ステンレス板
ステンレス板 銅板 鋼ブロック
           
SUSandBatt ステンレス板 RepSUS SUS部材 リング溶接 ステンレス線
電池 SUS部材 リング溶接
           
SUS仮止め SUS部材        
   
仮止め    

ステンレス線  Stainless-steel wire

引張強度 (直径mm)
0.3
0.5
0.9
1.2
1.6
2.0
3.0
HSW-01A
◎※1
×
HSW-02A
評価中
HSW-03

25kgW
評価中
 同じ直径のステンレス線同士を20mm重ね合わせた状態で2点を溶接し,引っ張り強度を評価しております。異径の場合、細いほうのワークが◎ならば、 ほぼ溶接可能とみてください。25kgWのような荷重表記は、簡易引張試験で90分後も異常なしを表します。 電極図

電極図
引っ張り写真
電気的にも機械的にも充分実用的な強度が得られた
機械的には接合ておりますが、強度は◎に比べて少々低い
電気的に接合していますが、溶接部を指先で比較的容易に剥離可能である。 
×
溶接できない 。若しくは1mからの落下で容易に剥離する。

1点溶接 モーメント荷重試験

直径2mmステンレス線の溶接痕
 

左は、2.0mmφのバネ用ステンレス線を1点で溶接し、曲げ方向荷重(モーメント)をかけて強引に引き剥がした痕です。
<HSW-03 ・棒状電極と溶接ペン使用>

<写真をクリックすると別ウィンドウで拡大します>

【注】  ※1 パワーコントローラ(HSW-PC1) 使用
【電極】 棒状電極 溶接ペン 又は 溶接ピンセット(HSW-W2)
【評価】 1点で溶接し、曲げ方向荷重(モーメント)で評価 < fig 1 >
【備考】 異径の場合、細いほうのワークが◎ならば、ほとんどの場合溶接可能です。

<曲げ方向荷重(モーメント)での評価>
機種・線種\荷重(gw)
20
40
60
80
100
120
140
200
HSW-01A(SUS1.0φ)
◎※
 
HSW-01A(SUS1.5φ)
     
HSW-02A(SUS1.0φ)
◎※
 
HSW-02A(SUS1.5φ)
 
HSW-03(SUS1.0φ)
◎※
◎※
HSW-03(SUS1.5φ)
◎※
HSW-03(SUS2.0φ)
◎※
 下の図をクリックすると、試験方法の詳細が表示されます。

        moment

fig 1

 評価記号の意味(この表限定です)
 1分放置し荷重を取り去った後溶接部に変化なし
◎※
 線材が曲がるが、溶接部に変化なし
 溶接点に若干の変形がみられた
 溶接点を中心に、角度にして30度以上の恒久的
変形がみられた
×
 溶接が剥離してしまった

ステンレス リング ・ 突き合わせ溶接  SUS Butt Welding

リング溶接前リング溶接

突き合わせ

突き合わせ溶接電極
 突き合わせ溶接電極(HSW-TFT)を用いると、線材の突き合わせ溶接や、リング溶接を行うことができます。
リング例
リングを通した状態で溶接が可能です。
突き合わせ (線径mm)
0.3
0.5
0.9
1.2
1.6
2.0
3.0
HSW-01A
△○
×
×
評価中
HSW-02A
評価中
HSW-03
評価中
リング (線径mm)
0.3
0.5
0.9
1.2
1.6
2.0
3.0
HSW-01A
評価中
評価中
評価中
評価中
評価中
評価中
HSW-02A
評価中
評価中
評価中
HSW-03
評価中
評価中
評価中
 ※リングの直径は、線径の20倍以上の場合の評価です。        <2011.12.24 更新>
※HSW-01A機の場合、パワーコントローラ(HSW-PC1)を併用してください。
※突き合わせ溶接電極(HSW-TFT)は、φ1.5以下の溶接に適しています。
 

 

ページトップへ

ステンレス板  Stainless-steel plate

機種\板厚mm
0.1
0.3
0.5
1.0
1.5
2.0
3.0
HSW-01A
◎※1
×
×
×
HSW-02A
×
×
HSW-03
○※2
評価中
評価中
評価中
 ここでは、同じ厚さの板材同士を溶接しています。

【注】  ※1 パワーコントローラ(HSW-PC1) を使用
※2 評価試験では◎ですが、電工ペンチで引き剥がす方向によじって力を加えた場合、
素材の剛性が溶接部の強度を上回り、素材 が変形する前に剥離可能でした。
【電極】 棒状電極 溶接ペン 又は溶接ピンセット(HSW-W2)を使用
【評価】 2点(4点)で溶接し、剪断方向に引張荷重をかけた評価
【備考】 厚の異なる場合、薄いほうのワークが◎ならば、ほとんどの場合溶接可能です。

 

ステンレス板(0.3mm厚)溶接強度

ステンレス板(0.5mm厚)溶接強度

ステンレス0.3mm試験片
0.5mmステンレス強度試験片
【 試験片 】  ステンレス板 0.3mm厚 幅10mm 
【利用機器】 HSW-01A
         25kgfばね秤による簡易測定
【溶接方法】 5mmを重ねて、4点溶接
 棒状電極(HSW-EB1)と溶接ペンを使用
【電源設定】 標準電源使用
【試験片】  ステンレス板 0.5mm厚 幅10mm 
【利用機器】 HSW-02A
         25kgfばね秤による簡易測定
【溶接方法】 5mmを重ねて、2点溶接
 棒状電極(HSW-EB1)と溶接ペンを使用
【電源設定】 標準電源・パルス幅最大にて

 【結果】

 
荷重
印加時間
試験片の状態
1
5kgf
30分
 変化なし(引続き2へ)
2
10kgf
60分
 変化なし
3
12kgf
12時間
 後20kg重でも異常なし
試験片表試験片裏
     試験片の溶接部分の表裏です
ステンレス0.3mmテスト全景

【結果】

 
荷重
印加時間
試験片の状態
1
7kgf
30分
 変化なし(引き続き2へ)
2
14kgf
30分
 変化なし(引き続き3へ)
3
20kgf
6時間
 異常なし

バネばかり試験中

※正規の強度試験機による評価は<こちら>

 
ページトップへ

ステンレス板(0.5mm厚)

ステンレス板(0.5mm厚)

ステンレス0.5mmステンレス0.5mm破断の写真
スポット痕はほどんど無いが、8kgまで耐えた
SUSplate0.3SUSplate0.5

【実施日】2007年10月29日
【使用機】HSW-01A + HSW-W2
【試験片】SUS 0.5mm 厚−SUS 0.5mm 厚
【結果】

 
荷重
印加時間
試験片の状態
1
5kgf
90分
 変化なし(引き続き2へ)
2
8kgf
 
 溶接部破断

【実施日】2012年10月8日
【使用機】HSW-03 + カスタム電極 (グリップ電極B)
【試験片】SUS 0.3mm 厚−SUS 0.3mm 厚(写真左)
SUS 0.5mm 厚−SUS 0.5mm 厚(写真右)
【結果】  0.3mmは材料破断
0.5mmは溶接部破断ですが、引きはがし時は
写真のようにかなりの力が必要でした。

ステンレス金網(メッシュ)   Stainless-steel Mesh

ローラー電極の使用
 ローラー電極(PSW-R2)を利用すると、ステンレス網を多くの箇所で溶接することが容易になります。 (写真は、下に敷いた銅板を電極とし、ローラー電極でステンレスメッシュを溶接しています)
ページトップへ

ステンレス金網(メッシュ) + ステンレス板(3mm厚) SUS Mesh and Plate

線径(mm)/本数/インチ
0.15/13
0.2/18
0.2/30
/100
HSW-01A
 
※1
 ◎※1
※1 
 
HSW-02A
 
※1 
 
 
HSW - 03
 
 
 

 

【注】  ※1 パワーコントローラ(HSW-PC1) を使用 
【電極】 棒状電極 溶接ペン 又は ローラー電極(HSW-R2) を使用 <ローラー電極推奨>
棒状電極(+) ローラー電極(−)
メッシュの心線そのものが細いので、1点で溶接すると溶断する場合も多く効率も低下します。
ローラー電極は接触部のRを比較的大きくとってありローラ状のため効率よく作業できます。
【評価】 2点以上の複数点で溶接し、剪断方向に引張荷重をかけた評価
【備考】 厚いステンレス板の場合、メッシュが◎ならば、ほとんどの場合溶接可能です。

HSW-03機はシームモードにて連続して溶接を行うことができます。
※HSW-01A機でのステンレス細線の溶接には、溶断をさけるため溶接電圧を低下させる必要がありますので、 パワーコントローラ(HSW-PC1) の使用が必須です。  なお、HSW-02A機はパルス幅調整機能を有していますので、単体で溶接可能です。
電気的にも機械的にも充分実用的な強度が得られた
機械的に接合していますが、強度は◎に比べて少々低い
電気的に接合していますが、溶接部を指先で比較的容易に剥離可能である。 
×
溶接できない 。若しくは1mからの落下で容易に剥離する。
 

ステンレス板 と 銅板  SUS Plate and Copper Plate

機種
ステンレス 0.1t - 銅板 0.15t
銅板 0.15t- 銅板 0.15t
HSW-01A
 
 
HSW-02A
×
HSW-03
【注】  
【電極】 棒状電極(HSW-EB1) と溶接ペンを使用
     棒状電極−ステンレス−銅−溶接ペン
【評価】 2点で溶接し、剪断方向に引張荷重をかけた評価
【備考】 ※間にニッケルを挟むことで溶接可能な場合あり

 

ステンレス板 と 電池 SUS Plate and Batt. Cel

機種(板厚・金属種)
単4アルカリ乾電池
単3アルカリ乾電池
LR44
(GP)
HSW-01A (0.1tステンレス)
◎※
◎※
◎※
HSW-02A (0.1tステンレス)
HSW-02A (0.2tステンレス)
HSW-03 (0.1tステンレス)
HSW-03 (0.2tステンレス)
【注】  ※ ニッケル板に切り込みを入れることにより◎となる もしくは 切り込み推奨
【電極】 溶接ペン又は溶接スティック(PSW-P2) 又は ワンハンド電極(HSW-H2)を使用
【評価】 2点で溶接し、剪断方向に引張荷重をかけた評価
【備考】 電極がニッケルに溶着しにくく、作業しやすい PSW-P2 の使用をお勧めします。

 

表中で使用したニッケル板の寸法

上記表中表記(型番)
厚さ
N12 (HSW-N12)
0.08mm
3.2mm
N25 (HSW-N25)
0.15mm
3.2mm
N64 (HSW-N64)
0.15mm
6.4mm
N74 (HSW-N74)
0.25mm
6.4mm
ページトップへ

ステンレス部材の仮止め SUS parts temporary join for brazing

SUS仮止め前 SUS仮止め後  ろう付け前の位置保持のために”仮止め”をしてあります。
 

ステンレス板 と 鋼ブロック の溶接

  棒状電極をブロックに押し当て、溶接ペンで薄板の上から押下しました※HSW-02A , HSW-EB1(電極)を使用

鋼ブロックと異種金属

 

ss400

 

 

skd11

<上> S50C鋼ブロック(16x60x60mm)

<左から>()内は厚mm   
ニッケル (0.08)
ニッケル (0.15)
SS鋼 (0.2)
真鍮 (0.2)
リン青銅 (0.2)
洋白 (0.2)
ステンレス (0.2)

<中> SS400鋼ブロック(16x60x60mm)
ニッケル (0.08)
ニッケル (0.15)
SS鋼 (0.2)
真鍮 (0.2)
洋白 (0.2)
リン青銅 (0.2)
ステンレス (0.2)

<下> SKD11鋼ブロック(16x60x60mm)
ニッケル (0.15)
ニッケル (0.08)
SS鋼 (0.2)
真鍮 (0.2)
洋白 (0.2)
リン青銅 (0.2)
ステンレス (0.2)

ページトップへ

ステンレス部材の修理・補修 Repair of Tools

歯科用トレイ 歯科用ステンレストレイ
 歯科用ステンレス・トレイ格子の修理例です。
直径3mmの線材の交点をHSW-03機で溶接しております。
ラジオペンチ全景
ラジオペンチ溶接部分
 安価なラジオペンチのスプリング部材の修理例です。 材質としては、工具用の鋼材とバネ用ステンレスですが、常に繰り返し力が加わるところなのでかなりの溶接強度が必要になります。
従って、溶接機としてはHSW-01AやHSW-02Aでは能力不足で、HSW-03機以上の溶接容量が必要です。
SUSメッシュフィルタの補修 SUSメッシュ補修後
 エアフィルタに使用したステンレスメッシュの修理例です。 メッシュを円筒に押し当てて整形後、φ2mmのSUSリングに巻き、溶接ピンセット電極(HSW-W2)を使用して溶接してあります。

 線材の場合は、その使い方から考えて、1点で溶接して評価た物もあります。

ステンレス線荷重モーメント測定写真

 1点溶接でモーメントの場合

 図のように、ステンレス線を1点で溶接し、そこから100mm離れた点に、20gステップで100gまで荷重をかけた結果をお知らせします。

 この試験には、HSW-EB1棒状電極と標準装備の溶接ペンの先端を直径4mm程度平坦に加工した電極を用いて1回のみ溶接しました。

 また、試験回数は数回程度と少なく、統計的な処理はしておりません。

ページトップへ