スポット溶接機,熱電対,バッテリー・ステンレス・,ニッケルの溶接は
Yokodai.JPホームページ Yokodai.JPロゴ YokodaiJPロゴスペース

ホームページ スポット溶接機 ニッケル板ユーザサポート 会社紹介   製品の価格と注文

スポット溶接機の原理

スポット溶接機の性能

溶接機の使用法

機種別溶接能力

金属別溶接能力

ステンレスの溶接

アルミに溶接

熱電対の溶接

バッテリータブの溶接

突き合わせ溶接

 商品のご案内 

HSW-01A 溶接機

HSW-02A 溶接機

HSW-03 溶接機

溶接機周辺機器

溶接機用電極

用途別機器構成例

ニッケル板

製品価格と購入方法

利用者の声

よくある質問

溶接データベース

スポット溶接機の 白金、チタン、他の合金 溶接能力

   ↓ 最初に金属種別を選択してください   溶接事例データベース ← 各種金属の溶接実績データベース。
GoTo SUS
GoTo Ni
GoTo Fe
GoTo Al
GoTo Cu
GoTo Alloy
白金線 白金線 チタン チタン線 チタン板の溶接 チタン板
白金箔,銀箔 チタン線 チタン板
           
モリブデン モリブデン コバール コバール コネクタ コネクタ
熱電対 インバ-材 リード線
           
        ゴムヒータにニッケル線を溶接した写真です ゴムヒータ
   
    Ni,銅,SUS線
           
           
     
     
 白金,チタン,モリブデン,コバールなどの金属も、ステンレスや鋼と並んでスポット溶接しやすい素材と言えます。

白金線 ・ 銀  Platinum wire and Silver

機種
Pt箔0.8t
- Pt線0.5φ
Pt線0.3φ
- Pt線0.3φ
Pt線1.0φ
- Pt線0.3φ
Pt線1.0φ
- Pt線1.0φ
Ag合金箔0.1t
- Pt線 0.5φ
HSW-01A
×
評価中
HSW-02A
×
HSW-03

銀箔にすずメッキ線
Ag合金箔0.1t- Pt線 0.5φ

【電極】 0.3以下は熱電対溶接ピンセット(HSW-TC1)
     0.3mm以上は溶接ピンセット(HSW-W2) 推奨
     太さにより棒状電極と溶接ペンでも溶接可能

【評価】 手で引っ張り箔が破れない範囲の力に耐えた
     場合 ◎ を与えます。

白金箔ー線
Pt箔0.8t- Pt線 0.5φ

【電極】 平板電極(HSW-FB1)上にワークを置き、溶接スティック(PSW-P2)電極を使用しました。

【評価】 ◎

 白金,銀も薄く細い素材は、比較的容易にスポット溶接することができます。
ページトップへ

Pt線0.5φ + 銀箔0.1t

Pt-Ag
Pt-Ag
【使用機器】HSW-02A機、溶接スティック(PSW-P2)棒状電極(HSW-EB1)
 
 ページトップへ

チタン  Titnium

チタン線 + チタン線

機種
Tit棒1.5φ
- Ti棒1.5φ
Tit棒2.0φ
- Ti棒2.0φ
Tit棒3.0φ
- Ti棒3.0φ
HSW-01A
 
 
 
HSW-02A
 
 
 
HSW-03
 
チタン1.5φ チタン3φ
チタン線はステンレス線や鋼と同様、スポット溶接可能です。

チタン板 + チタン板

機種
Tit板0.1t
- Ti板0.1t
Tit板0.3t
- Ti板0.3t
Tit板0.5t
- Ti板0.5t
HSW-01A
   
HSW-02A
   
HSW-03
評価中

チタン板の溶接チタン板

【使用機器】
 HSW-01機
 ピンセット電極(HSW-W2)

 チタンはステンレスと同様、確実にスポット溶接可能です。

ページトップへ

モリブデンペレット+熱電対  Molybdenum snippet +Thermocpuple

モリブデンチップ
8mmφ3tモリブデンペレットに、心線径0.3mmのK熱電対とT熱電対を溶接しております。 0.2φE熱電対も溶接可能でした。

【使用機器】HSW-02A機,パワーコントローラ(HSW-PC1)
溶接スティック(PSW-P2)棒状電極(HSW-EB1)
 

コバール+インバ-材  Kovar film + Invar film

kovar

0.1t kovar + 0.1t invar 63.5Fe-36.5Ni

【使用機器】HSW-02A機、溶接スティック(PSW-P2)
棒状電極(HSW-EB1)
【極性】(+赤)PSW-P2(電極)→インバー材→コバール材→HSW-EB1(−青)

 

コネクタ + 各種リード線 Connector + lead wire

機種
K熱電対 0.65
K熱電対 0.3
SUS線 0.5
銅線(0.25)
銅線(0.45)
抵抗(リード線0.43)
HSW-01A
×
×
×
×
HSW-02A
×
×
HSW-03
評価中
評価中

第一工業製 57-30240

溶接描写  コネクタに溶接
(第一工業 57-30240)
【注】
【電極】 熱電対用ピンセット電極(HSW-TC1)を使用

【評価】 1点で溶接し、剪断方向に引張荷重をかけた評価(電池に準じる)
     溶接可能ですが、電極をカスタマイズする必要を感じました。
ページトップへ

シリコンゴムヒーター+ニッケル板・銅線・ステンレス線 Heating wire

機種\直径・厚mm
ニッケル0.15t
ステンレス線 0.45φ
銅線 0.4φ
HSW-01A(端子)
×
×
 
HSW-02A(端子)
×
HSW-03(端子)
評価中
 坂口電熱 Sil200 外径2.5φ 200Ω/m
【使用機器】HSW-03機,溶接スティック(PSW-P2)
        棒状電極(HSW-EB1)
ページトップへ
 
 

表の中で使用する記号の意味


溶接強度 ◎○△× 記号の意味】

 板材の場合、ほとんどの場合2点で溶接を行って評価します。

・十分に機械的な強度が得られる状態で、金属片同士なら20kgf程度の荷重に耐えられるます。
・また、電池やラグの場合は、5kgf以上耐えられる状況で◎を付してあります。

・◎ の半分程度しか強度がない状態です。電気的にはしっかり接合しております。
・ 十分とはいえませんが、用途により使用可能な状態です。
・電気的に接合するも、溶接部を指先で比較的容易に剥離可能です。
・2m程度の高さから、コンクリートの床に落としても剥離することはないが、継続的に3kgfまで耐えられなかったものに与えております。
・ 用途としては、ロー付けを行う場合の仮固定や、電気的な接続が必要だが力のかからない部分の一時的な接合を想定しております。
×
溶接できない。若しくは 1mの高さからコンクリートの床に落として剥離した場合に与えております。
ページトップへ