スポット溶接機,熱電対,バッテリー・ステンレス・,ニッケルの溶接は
Yokodai.JPホームページ Yokodai.JPロゴ YokodaiJPロゴスペース

ホームページ スポット溶接機 ニッケル板ユーザサポート 会社紹介   製品の価格と注文

スポット溶接機の原理

スポット溶接機の性能

溶接機の使用法

機種別溶接能力

金属別溶接能力

ステンレスの溶接

アルミに溶接

熱電対の溶接

バッテリータブの溶接

突き合わせ溶接

 商品のご案内 

HSW-01A 溶接機

HSW-02A 溶接機

HSW-03 溶接機

溶接機周辺機器

溶接機用電極

用途別機器構成例

ニッケル板

製品価格と購入方法

利用者の声

よくある質問

溶接データベース

Yokodai.JP製スポット溶接機の性能

≪金属種別・機種別の溶接能力についてはこちらをご覧ください≫  ≪溶接事例は 溶接データベース をご覧ください≫ 

Yokodai.JP製 スポット溶接機のサイズと重量

スポット溶接機 HSW-01Aスポット溶接機 HSW-02Aスポット溶接機 HSW-03

 HSW-01A    HSW-02A    HSW-03

HSW-01A :  85W×145D× 75H mm 0.7kg
HSW-02A : 155W×175D× 85H mm 1.6kg
HSW-03  : 260W×210D×110H mm 4.9kg

 

Yokodai.JP製 スポット溶接機の電源と安全性

スポット溶接機 HSW-01用電源スポット溶接機 HSW-02A用電源(外観はHSW-03用も同じです)スポット溶接機 用ポータブル電源装置

HSW-01A : 入力100V 12W 出力24V
HSW-02A : 入力100V 45W 出力24V
HSW-03  : 入力100V 72W 出力30V
HSW-BPS : 入力 単3エネループ4本
             出力5〜25V 

 Yokodai.JP製スポット溶接機は、家庭用のAC100Vで利用できます。また、バッテリー電源装置HSW-BPSも用意しておりますので、電源のとれないフィールドでも利用可能です。また、溶接機からの出力は、安全性を考慮してHSW-01A,02A機では24V以下、HSW-03機では30V以下です。加える電圧が低いので溶接できる金属は細く、薄い金属に限られます。 それでも溶接時には多い場合は数百から千アンペアを越える電流が溶接対象の金属に流れて発熱し溶接が行われます。

 

Yokodai.JP製 スポット溶接機で溶接できるもの

Yokodai.JP製スポット溶接機で溶接可能な金属

<機種,や厚さ、条件により異なりますこちらで御確認ください>

ステンレス線 ◎ 〜3.0mm(直径
銅線 △ 〜0.4mm(直径)
真鍮線 △ 〜0.3mm(直径)
白金線 ○ 〜0.2mm(直径)
鉄線 ◎ 〜3.0mm(直径)
熱電対 ◎ 〜0.65mm(直径)
ステンレス板 ◎ 〜1.0mm(厚)
リン青銅
ニッケル板 ◎ 〜1.0mm(厚)
モリブデン
チタン
アルミ箔 △ 〜100μm(0.1mm)
ステンレスメッシュ
ステンレス繊維 O
想定・推奨する用途
・生命に損害を及ぼす恐れのない工作物製作
・組電池の製作(PC,ラジコン,電動工具)
・熱電対の溶接や細線の接合
・ステンレスクラフト

・試作、少量生産、実験室での利用
・屋外など電源のない環境での利用
・短時間での接合
・熱を嫌う部材と接近した部分の接合


  表は、溶接可能な素材と、Yokodai.JP製スポット溶接機の想定している用途です。素材表面の状態や、組成などの影響をうけるため、溶接の可否を保証するものではありませんのでご注意ください。


  <詳しい機種別性能比較はこちらへ
ページトップへ

Yokodai.JPの卓上スポット溶接機では
絶対に溶接できないものは何ですか

 電気を流さないガラスやプラスチックは溶接できません。また、自動車のボディーに部品を溶接するとか、装置のアルミシャーシーにボルトを溶接する、屋内配線用のFケーブルを真鍮部品に溶接するといった溶接は不可能です。

 溶接が困難な金属としては、銅や真鍮、アルミニウムなど電気を流しやすいものがあげられます。これらの金属は、極薄く細いものに限定され、0.45φ銅線、0.5mm厚銅板、トタン板、1.0φ白金線、0.5mm真鍮板などは現時点で弊社のスポット溶接機では溶接不可能です。

溶接テストについて

溶接テストレポート1 溶接テストレポート2
 

溶接の可否が掲載されていない金属や、溶接強度について評価が必要な場合は、サンプルをお送りいただければ溶接を試みてレポートを添え返送いたします。 無料ですが、返送用に着払い伝票を添付お願いします。詳しくはメールにてお問い合わせください。

その前に
溶接テストデータベースをご覧ください。

  ページトップへ