スポット溶接機,熱電対,バッテリー・ステンレス・,ニッケルの溶接は
Yokodai.JPホームページ Yokodai.JPロゴ YokodaiJPロゴスペース

ホームページ スポット溶接機 ニッケル板ユーザサポート 会社紹介   製品の価格と注文

スポット溶接機の原理

スポット溶接機の性能

溶接機の使用法

機種別溶接能力

金属別溶接能力

ステンレスの溶接

アルミに溶接

熱電対の溶接

バッテリータブの溶接

突き合わせ溶接

 商品のご案内 

HSW-01A 溶接機

HSW-02A 溶接機

HSW-03 溶接機

溶接機周辺機器

溶接機用電極

用途別機器構成例

ニッケル板

製品価格と購入方法

利用者の声

よくある質問

溶接データベース

ステンレスの溶接方法と事例紹介(作品紹介)

ステンレス線の突き合わせ溶接

突き合わせ全景
拡大写真
突き合わせ部分
上の棒状電極で挟んだ線の先端を、下の棒状電極に置いたSUS線の側面に溶接しています。  左の写真を拡大したものです。下側の棒状電極に設けた溝で、SUS線が転がるのを押さえています。  SUS線のT字溶接部分です。
(写真クリックで拡大表示)
 現時点でYokodai.JPでは、このような突き合わせ溶接用の電極を用意していないため、お客様に自作して頂く必要があります。この例では0.9φのSUS線同士をT字型に溶接しています。HSW-03機の溶接パルス幅0.45mS電圧14Vで溶接しました。しっかり溶接されていましたが、もう少し溶接部分への押下圧力を上げ、パルス幅を増やすほうがよさそうです。
突き合わせ電極
左の拡大写真
スタッド溶接
突き合わせ溶接用の電極は、このようなものを製作し使用しました。 突き合わせ部分の突出は、必要最小限にします。 0.5tのSUS板に0.9φSUS線を溶接したところです。
1.5φSUS線を1.0tSUS板に溶接
 左は、1.0tのSUS板の表面にバネ用SUS線1.5φの先端部を、 HSW-03機・20V・20mSで溶接し、溶接点から100mm離れたSUS線に280グラム重を加えたところ、SUS線は曲がりましたが溶接部は異常なし。
モーメント力の図
   

カプトン裏打ステンレス箔と銀メッキ銅より線の溶接

カプトン裏打ち
裏面はカプトン
SUS箔
表面は30μmのSUS箔

ばら線
銀メッキの銅より線

より線
より線を溶接しまとめます
箔に溶接
棒状電極をあて溶接
溶接例
完了
溶接片

電流やパルス幅を調整しないと、簡単にSUS箔は溶断してしまいます。(右)また、SUS箔は30μmと薄いため、溶接箇所付近のSUS箔には数カ所の小さなピンホールが開いていました。カプトンは破れることはありません。

溶断例
   
ページトップへ

ステンレス線を使用したDIY作品と製作方法

ファンシーケースの製作

 ここでは、左のような作品をつくる過程をご紹介いたします。
左の写真をクリックすると、詳しい制作手順や図面を記した小冊子が別ウィンドウでご覧いたでけます。

クラフト作品2
ティッシュペーパホルダー

スポット溶接機は、ステンレスを身近な金属素材に変えてくれます。

ハート部分溶接
棒状電極を利用し溶接
棒状電極使用
机に棒状電極を固定し溶接
底なし完成
ビーズが落ちないようにレイアウト
     



 直径2mmのステンレス線でランプシェードを作りました 。
塗装も不要でいつまでも錆びないフレームができます。
【使用機器】 溶接機(HSW-03)

ステンレス板とワイヤーロープ
ステンレス板と 鉄ワイヤーロープ
SUS箔
ステンレス箔と銀メッキ銅より線
     
     

ステンレス線を使用した作品例

ステンレストレイ
ステンレストレイ
ステンレストレイの修理
強度が必要な左の2点は受注生産品HSW-03Sを利用して溶接しました。
HSW-03S
ファンガード
 
オブジェ
 

SUS1.0t と SUS2.0φSUS1.0tに2.0φを溶接

ステンレスナット
SUS316の平径13 M8ナットに
SUS316厚0.4板を溶接(HSW-02)
チェーン
連続したリング溶接で
ステンレス鎖を製作
すぽっとようせつによるスプリング末端処理
スプリング末端を処理
 
   
ページトップへ

カスタム電極によるφ3.0ステンレス線の溶接

フィールド作業用グリップ電極フィールド作業用グリップ電極
    フィールド作業用グリップ電極によSUSφ3.0のスポット溶接
 掲載の品は受注生産品につき、メールにてお問い合わせください。

ステンレス線と板の溶接へ<前1/3>

ステンレスメッシュの溶接へ<前2/3>