Bi-Teブロック + 0.1tニッケル板 溶接テスト結果

1 試験片

Bi-Teブロック + 0.1tニッケル板

2 使用機器 HSW-03 スポット溶接機
3 使用電極 HSW-EB1棒状電極、PSW-P2溶接スティック
4 機器設定 6.6V 0.3~0.9mS 及び11V、0.4mS
5 溶接状況

Bi-Teブロックは力学的な強度も低く、通常ニッケル板を溶接する電力を通電しただけで容易に破損する状況のため、溶接は困難でした。Ni板とは、仮溶接状態にはなりましたが容易に剥離可能でした。11V、0.4mSを超えると一部の金属が溶接時に発生する熱でガス化するようなので、ドラフタ中での作業となりました。

6 写真
テスト実施年月:平成23年11月 Yokodai.JP