スポット溶接機,熱電対,バッテリー・ステンレス・,ニッケルの溶接は
Yokodai.JPホームページ Yokodai.JPロゴ YokodaiJPロゴスペース

ホームページ スポット溶接機 ニッケル板ユーザサポート 会社紹介   製品の価格と注文

スポット溶接機の原理

スポット溶接機の性能

溶接機の使用法

機種別溶接能力

金属別溶接能力

ステンレスの溶接

アルミに溶接

熱電対の溶接

バッテリータブの溶接

突き合わせ溶接

 商品のご案内 

HSW-01A 溶接機

HSW-02A 溶接機

HSW-03 溶接機

溶接機周辺機器

溶接機用電極

用途別機器構成例

ニッケル板

製品価格と購入方法

利用者の声

よくある質問

溶接データベース

ステンレスの溶接方法と事例紹介(SUSメッシュ)

ステンレスメッシュをステンレス板に溶接

ステンレス円筒にメッシュを溶接 ステンレス円筒にメッシュを溶接  左は、排気ダクトのジョイント内にステンレスメッシュでフィルタを作成した例です。 
【使用機器】溶接機(HSW-02A)、棒状電極(HSW-EB1)、フットスイッチ(HSW-F1N) 
排気ダクト用ステンレスメッシュフィルタ ステンレスメッシュにステンレス線を溶接  排気ダクト用に取り外し可能なステンレスメッシュフィルタを製作した例です。(写真左上)

  同型の円筒にメッシュをかぶせ成型した後に、同径のステンレス線(2mm程度)を溶接します。(右上)

  メッシュをステンレス線にかぶせ、再度溶接します。(左下)

  完成したステンレスフィルタです。(右下)
排気ダクト用ステンレスメッシュフィルタ 排気ダクト用ステンレスメッシュフィルタ
 

ステンレスメッシュで円筒をつくる

ステンレスメッシュの溶接
@銅板を用いて円筒部を溶接

メッシュ円筒
A数点溶接し円筒ができます

補助電極
B銅板で補助電極を作ります

ステンレスメッシュ底

C底面部を溶接します

メッシュ円筒完成

D完成した、ステンレスメッシュの バスケットです

ストレイナー
プラントで利用しているステンレスメッシュの補修(ユーザ報告はこちら

30メッシュ
30メッシュを4重溶接(左辺)
2重に溶接(右辺)
【重要】
ステンレスメッシュの溶接では、溶接電圧やパルス幅を制御する必要があります。 

18メッシュ
0.2/18メッシュと3mm厚SUS板

18メッシュを3mmSUSに溶接
この例では、(HSW-01A+HSW-PC1+HSW-EB1)を使用しました。

 溶接ペンの先端は、1.5mm程度の円形の平面になるようヤスリがけしています。
 ステンレスはスポット溶接が容易なので、数多くのスポットを打つことを厭わなければ、HSW-01Aと棒状電極+溶接ペン(標準装備)でかなりの作業を行えます。

ローラー電極を用いてHSW-03機でシーム溶接を行う

ステンレスメッシュをローラ電極で溶接
写真をクリックするとビデオが再生されます

 

左は、HSW-03機のシーム溶接モードを利用して、1.0mm厚のステンレス板に、30メッシュと100メッシュのステンレス金網の溶接を行っているところです。写真のローラ電極は試作品なので、製品版より電極の直径が若干小さくなっているなどの違いがあります。



ステンレスメッシュのエッジ処理

 SUSメッシュの切断部を、HSW-R2(ローラ電極)とHSW-FB2(平板電極)を用いて溶接し、ほつれ止め加工を施しています。溶接機はHSW-03型をシームモードで使用しています。

ステンレスメッシュを円形に切断する前に、周辺部を溶接して、形が崩れないようにしています。エッジが溶接されているために変形に対する強度もあがっています。

 
ページトップへ

ステンレス繊維の溶接について

ステンレス繊維
ステンレス繊維
 

ナスロンワイヤー
 ステンレス繊維ワイヤー
の末端処理
   
 ステンレス繊維は、ミクロン単位の太さのため、大きな溶接電流が1カ所に集中すると簡単に溶断してしまいます。適切な電流制御と適切な電極の選択が重要です。
 

ステンレス線と板の溶接へ<前1/3>

ステンレスクラフト作品例へ<次3/3>